シリタイ.jp|切手
 

切手のお話

topimg
  切手とは…

詳しくはこちらから↓↓↓↓
切手(きって)は、郵便事業で行われる諸々のサービスの、料金前納を証明する証紙である。郵便物に貼って差し出されることが多いため、郵便切手とも呼称する。また宣伝媒体として用いられたり、古銭・紙幣や骨董品と同様に趣味の収集対象(切手収集、郵便趣味)となったりする。現在、多くの国の郵便事業者は、郵便のみにその役割を限定され、切手の役割も郵便物の料金前納に限られている。しかし、かつての日本のように、以前は郵便事業者が電話や電信、貯金などを管轄していたため、これら様々な料金の納入にも用いられていた。また、イギリスなど、国によっては収入印紙などとしても用いられていた。多くは小さな紙(時には別の素材が用いられる)に印刷されたものである。また郵便切手は郵便料金の徴収だけでなく、国家的政策や文化の宣伝など宣伝媒体とする実用目的があるほか、古銭や骨董品と同様に収集品の対象となっており、郵政事業の重要な財源の一つとなっている。

なお古い切手はコレクターの間ではかなりの値段で取引されている。

ヒトコト

メールのお陰で大分つかわれなくなってきてるけどね

AMAZONの切手関連商品はこちら
楽天の切手関連商品はこちら
yahooショッピングの切手関連商品はこちら